東京新聞杯 2020 追い切り診断

ブログ

東京新聞杯 2020 追い切り診断

 

ヴァンドギャルドA
体全体を使ってパワフルな動きが出来ている。

 

キャンベルジュニアC
首が使えておらず動きが硬い。

 

クリノガウディ―A
ものすごく良いタイムで動きに力強さもあった。

 

クルーガーB
タイムは良いけど追われてからの動きが硬かった。

 

ケイアイノーテックA
動きが軽くてその割にタイムが出せている。

 

ケイデンスコールA
最後までしっかり伸びていてタイムが落ちないのが良い。

 

サトノアーサーC
重心が高くて走りがぎこちない。

 

シャドーディーヴァC
首が高いし後ろ脚の蹴りもイマイチ。

 

スウィングビートC
首が全然使えていなくて伸びがなかった。

 

ドーヴァーB
体の使い方、脚の伸ばし方もまずまず。

 

プリモシーンB+
併走馬に合わせてからスッと伸びるところが良い。

 

プロディガルサンC
体の使い方が硬くて最後の反応も薄かった。

 

モルフェオルフェB
小柄でパワー不足の気はするがスピードはある動きだった。

 

レイエンダB
反応もスピードも重賞メンバーの中ではイマイチだと思う。

 

レッドヴェイロンA
ちょっと首の動きなど硬めだけどここに向けて目一杯に仕上げてきた。

 

ロワアブソリューC
首が全然使えておらず動きが硬い。

 

一番良かった馬はレッドヴェイロンでした!

 

コメント