京都記念 2020 追い切り診断

ブログ

京都記念 2020 追い切り診断

 

アメリカズカップC
トモが開き気味で首の使い方も硬かった。

 

アルメリアブルームB
まずまずだけど上体が高いので良くは見えない。

 

カレンブーケドールA
体の柔らかさもあって気分よく走れている。

 

ガンコC
途中までは良かったがムチ使っても反応が乏しかった。

 

クラ―ジュゲリエB
タイムは良いけどもっと重心が低い走りが欲しい。

 

クロノジェネシスB
元々の素質は高いけど脚さばきなどぎこちなく休み明けの感じがあった。

 

ステイフーリッシュB+
道中も最後の反応もしっかり出来ていて好調。

 

ドレッドノータスC
首の使い方が硬く伸びも感じられなかった。

 

ノーブルマーズB+
フットワークが良くタイム以上に動きが良く見える。

 

プリンスオブぺスカC
走りがフワフワしていて安定感がない。

 

一番良く見えた馬はカレンブーケドールでした。

コメント